トラブル対応システム

賃料の遅れ・・・。

失業や借金、無計画な支出等様々な事情により支払いが滞り始めた賃借人は、

「あまり期日を強調し過ぎるのも・・・。」
「今回だけかもしれないし・・・。」
「もう少し待ってみようかしら・・・。」

というオーナー様のお気遣いに甘え、

「催促も無いし、大丈夫だろう・・・。」

と最優先するべき賃料の支払いを1日また1日と先延ばしにしてしまいます。
さらに1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と溜めに溜めた賃料は、1ヶ月をまともに支払えない滞納者にとって重い負担となり、滞納は解消されないまま常習者へと確定していくのです。
   健全なアパート・マンション経営においてまず必要な事は賃料の支払い期限をきちんと守って頂く事からスタートしなければなりません。


借家法で守られた賃借人の立場を利用し、賃料を支払わず居座る悪徳賃借人の被害を最小に留める為には、少しでも早い対応が重要です。それでも防ぎきれない滞納被害に、オーナー様は大変頭を悩まされているのではないでしょうか。
入居者の立場と心理を理解し、状況を判断しながら対応していく事は非常に難しい処理であり、馴れないオーナー様にとっては荷の重い事だと思います。


そこで当社は、賃料滞納処理など様々に起こる入居中のトラブルから敷金精算トラブルまで、お困りのオーナー様へのアドバイスとともに、代行処理システムを提供しております。


内容と致しましては、入居者の状況の把握から折衝、また賃料督促等、ご依頼内容に合わせた処理を行って参りますが、顧問弁護士との相談を重ね、状況に応じて賃貸借契約の解除条件付催告状の送付や、訴状作成及び訴訟提起、債務不履行にともなう損害金請求、強制執行による貸室明渡し手続き等まで行う等のご提案をして参ります。

オーナー様自身が悩み続けるのではなく、ここは経験と知識を備えた専門家である当社にお任せ頂き、早期解決を目指すと共に、健全な賃貸経営を取り戻せる様、当社をご活用頂ければ幸いです。

まずはご相談下さい。